なぜ専門的な施術が必要なの?

丁寧なヒアリング

  • 良くなるかなと思っていたが、まだ痛む
  • 体調の悪さを周りに理解されず、つらい
  • 病院のリハビリが終わってしまった
  • 交通事故に遭ってから、体調がすぐれない
  • このまま後遺症になってしまうのか不安

首が痛くなってきた

交通事故というアクシデントに遭ったら、誰もが気が動転してしまいショックも大きいかと思います。
警察や保険会社への連絡、お互いの連絡先の交換、現場の状況の確認等々。
その場ですべき事などが、たくさんあったりします。

明らかにひどい怪我の場合は救急車で搬送されたりしますが、人は興奮状態の時、アドレナリンなどが出て、痛みに気が付きにくいものなのです。

しかし、どんな小さな事故でも衝突や追突などで、身体には大きなダメージを受けている場合があります。
「むちうち」などは、その時に違和感を感じなくても、数日経ってから自覚される痛みや不調が現れたりもします。

「この後、仕事もあるし時間もない」
「特に感じられる痛みも無いから大丈夫だろう」
などと自分で判断して検査や施術を受けないまま、日にちが過ぎていくと、段々と痛みが強くなったり、吐き気やめまい、頭痛なども感じられてきて、身体を動かすこと自体つらくなってしまいます。

いつでもご相談ください

そうすると、仕事も家事も出来ないという状態になり、気持ちまでふさぎ込んでしまう原因にもなりかねません。

なので、当院ではじっくりと交通事故のつらい痛みや不調などをお聞きし、真剣にお一人おひとりと向き合い、身体のダメージを出来るだけ早くケアする事で日常生活を送れるよう支えていきます。

つらい不調をそのままにしないで!

手技では何故、交通事故後のケガなどは専門的な施術が必要なのでしょうか?

早く専門的な検査や施術を受けないと後遺症となって残ってしまう事もあり、そのケガが事故との因果関係も証明されにくくなり、補償も受けられなくなる場合もあります。

そして、50項目の理学検査をしっかりと行い、痛みや不調の原因を突き止めていきます。

電気お聞きしたお悩みと検査を元に、事故直後の急性期には身体に負担をかけられないので、電気機器(ハイボルテージ)を用い、炎症や腫れなどを小さくしていきます。

少し時間が経過したら、痛めた筋肉や神経などを手技でほぐしていきます。
また、骨折の場合は骨の状態を良くする為に低出力超音波パルス(LIPUS)を使用したりして、その方に適した施術と、リハビリを目的とした運動療法などを組み合わせ、動きにくくなっている関節や筋肉をゆっくりとほぐしていきます。

事故後のデリケートなお身体ですので「痛みが強いので触れられるだけでも不安だな」「心配なことや疑問に思ったことって聞いても良いのかな」など、どんな些細な事でも構いませんので、その時感じられたことなど遠慮なさらずに、お気軽にご相談ください!

集合写真また、最初だけ熱心に検査や施術をするというわけではありません。
必ず再評価を行い、最初の状態からどのぐらいケア出来ているのか、一緒に確認しながら、交通事故の元の健康な身体へとアプローチしていきます!

是非、交通事故の施術なら当院にお任せください!