交通事故に遭ってしまったら

交通事故に遭ってしまったら、どうする?

1、警察や保険会社に連絡

通報しましたまず、人と車を安全な場所へ移動し、負傷者がいれば救助します。
そして、必ず警察と保険会社へ連絡をしましょう。

加害者側が警察へ連絡するのは義務ですが、被害者の方も必ず警察に届ける必要があります。

小さな事故でも、その場で相手と話し合うのは絶対に避けるようにしてください。
加害者か被害者か、はっきりしない事故の場合や相手が逃げてしまう事もあるかもしれません。
後々、トラブルにならないよう、はっきりと
「保険会社と話した上で。」
と伝えましょう。

警察を呼びました

また、ケガをした場合、どんな小さなケガでも人身扱いとして警察へ届け出ることが肝心です!
物損だと、車両だけ保証され、治療費は自己負担になってしまう可能性もあります。

物損でも、保険会社が判断すれば自賠責保険が適用される場合もあります。

「事故を起こされた」
「自分がぶつけてしまった」
このような場合も、過失が100%で無ければ自賠責保険が使えます。

2、事故の現場を記録

現場を押さえておく交通事故に遭ったら、警察が状況を確認したり現場検証をしてくれますが、自分でもできるだけ記憶が新しいうちに、スマートフォンやカメラなどで写真を撮っておきましょう。
最近では、ドライブレコーダを付けているドライバーの方もいるので、撮影した映像は証拠として残しておきましょう。

また、相手が自分の不利にならないよう、発言を変えてくる可能性もありますので、相手との会話を録音するのも大切です。

そして、相手の氏名や住所などの連絡先、車の車種やナンバー、保険会社名などもメモしておきましょう。

3、保険会社へ当院に来院することを伝える

自賠責保険で助かった交通事故の施術は、自賠責保険が適用されます。
保険会社へ、当院に通院することをお伝えください。

保険会社に連絡しないで来院すると一旦、預り金が発生します。
保険会社から当院へ連絡が入り次第、預り金を返金致します。

4、当院で施術を開始

いつでもご相談ください当院が提携している整形外科へ紹介状をお書きします。
レントゲンを撮ってもらい、診断書を書いてもらいましょう。

事故当時は身体や気持ちが緊張していたりして、痛みなどに気づきにくいものです。

診断書に記載されていない部位は施術できなくなってしまう事もありますので、数日たってから出てくる痛みなどもきちんと検査を受け、診断してもらいます。

5、丁寧な問診と適切な施術

ヒアリング交通事故という思わぬ出来事で身体だけでなく、心もダメージを受けています。
このまま、元の元気な身体に戻るのだろうか、痛みと一生付き合わなくてはならないのかなど不安になると思います。
そのようなお気持ちに寄り添い、しっかりとカウンセリングを行います。

お一人おひとり、事故の状況やお悩みも違いますので適切に判断し、徹底的に痛みの原因を追究していきます。

ハイボルテージハイボルテージという電気医療機器で、身体の奥深いところへピンポイントにアプローチし、身体に負担をかけることなく痛みや炎症を早く取り除いていきます。

手技のほか、週に一度、骨盤矯正と猫背矯正なども組み込んだ運動療法も受けて頂き、事故の衝撃で歪んでしまった身体を整えていきます。

部分的な施術だけでは無く、身体全体のバランスをみながら調整することによって、自律神経も整い身体も心も良い方向へ働くようになるのです。

LIPUSまた、骨折などは低出力超音波パルス=LIPUSを用い、短期間で改善など効果を感じていただけると思います。

交通事故の不安は当院まで!

しっかりサポートお1人や、ご家族だけで抱え込まずに是非一度、当院にご相談ください!
「通うのめんどくさいな…」「そのうち良くなるかな…」と放っておかないで、ケガの施術から、煩雑な保険の事まで、しっかりとサポートします。